mizoのWeb日記
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自主防災組織の初午で
前日の大雨がウソのように’自主防災組織の初午行事’はお天気にも恵まれ18名くらいで行いました。

280221jishu1.jpg


最初に’防災備品倉庫’に保管しているものを確認します。

280221jishu8.jpg


今年こそは「消化栓からの放水」をしっかりと体験しながらマスターしようと思っていた。

組織のメンバーや町内会の参加者がやっているのを写真撮影しながら見ているのがこれまでいつもの私でした。

しかし残念ながら 今年も積極性に欠けておりました。

     と   で勉強しちゃった

ホースは「巻いて保管するのですが巻き方が大事」だそうです。使う時に素早く、そして無駄ない動きで準備せねばなりません (写真はうまく決まらなかったですが愛嬌です)

280221jishu5.jpg


カンソはこうやって外すのだ

280221jishu6.jpg

放水する時もしっかりと持ってないと危険だし、水の出方もノズルを回すと変えられる。

280221jishu7.jpg

280221jishu3.jpg

消火栓から水を出す時にはこんな道具も必要です。

280221jishu9.jpg

そして夜にはけして豪華とは言いませんが楽しい慰労会があるんです。

280221jishu4.jpg


スポンサーサイト
自主防の初午
毎年恒例の自主防災組織の初午の活動。

昼間は消火栓の点検、防災倉庫の点検です。

実際にホースを繋いで放水するのは写真の箇所だけですけど、はたして自分が(ホースを繋いで放水することが)出来るかどうかはまるで自信が無い。
来年は積極的に体験しなければ。

270215ji1.jpg

この地区は道路も狭く自主防災の重要性が問われる地区ですが昔から自警団の実績があるのでたのもしいです。

270215ji2.jpg

夜は公民館で慰労会

私は買出しに貢献(車を出して運んだだけですけど)しています。

十分な食べ物と飲み物でみんな楽しく話は尽きないようでした

270215ji3.jpg

防災訓練
毎年恒例の総合防災訓練が今年も8/31(日)に行われました。

私たちのやることは’サイレンが鳴ると避難を始める’というものです。

父養寺と仁尾島の両地区が青少年センターを避難場所にしている。
この日は88人の方が避難訓練に参加してくれました。
訓練の内容はどうあれ小さな子供から80才を越えた方までが一緒に参加して、「こんな人たちが住んでいるのだ」と知ることだけでも意味があります。

自主防災ではその後は防災備品倉庫の確認をして(昼の部は)終了。

夜は親睦会です。

260831be.jpg

260831ji1.jpg

参加は12名と少ないが、とても楽しくワイワイと飲んで食べて盛り上がっている。

久しぶりに美味しいビールをたくさん飲んだ

そして休日は体も休まることなく過ぎて行った。

自主防災の会で
先日、地元の自主防災組織の会に出席して思ったこと。

高知県では南海トラフを震源とする地震による津波をたいへん警戒している。
だから各地域での自主防災組織を立ち上げ、防災訓練、防災の学習、避難所の整備、などすすめられています。

香南市では今年度に防災無線を設置するということで、八戸市(青森県)を視察に行かれたということでした。
持ち帰った資料のなかに八戸市の2011年3月11日の津波による被災状況や復興の様子が冊子になっていた。
その冊子はとても立派なものでした。

また今年の秋には東北方面への防災研修旅行なるものが計画されているとのことでした。
すべての自主防災組織より各々1人が参加するため人数が多くなり2陣に分けて行なうそうです。

この予算は「どこからきたの?」って思うのです。

復興予算が流用されていなければいいのですけど。 (--?
自主防の恒例行事
父養寺・仁尾島自主防災組織の恒例の’初午の消火栓点検’を行ないました。

地区のすべての消火栓をまわって点検(バルブを空けて汚れた水を出して、フタの土など取り除き)して行きます。

130224jishu1.jpg

一箇所だけはホースをつないで放水します。

130224jishu2.jpg

130224jishu3.jpg

130224jishu4.jpg

そして夜はお楽しみの慰労会です。

 

いろんな話が出て楽しい。

130224jishu5.jpg

夜の慰労会
昼間は暑い中、避難訓練そして防災倉庫の資機材点検などを行なった。
夜は公民館で慰労会です。
慰労会の準備は父養寺の方にお世話になりました。
昼の早い時間からツガニ汁作りもごくろうさま。

夕方、昨夜釣った’小さな’チヌ(キビレ)を刺身にして持って行った。
どう考えても’小さい’っす 

公民館に行くと豪華に料理がかまえられている 
台所でなにやらザワザワ
仁尾島会長さんが新子を釣ってきて捌いています。
獲ったばかりの旬なゴチソウまで登場

 写真を撮るのをすっかり忘れている。
いまさら写真撮っても新子もツガニ汁も食べた後です。

120902hina1.jpg

今年も15名くらい集まり、小学生もお父さんと一緒に来てくれました。

面白すぎる。かなり笑えました。

120902hina.jpg

寝ている方は突然起き出して襖を空けては閉めて不思議がっている。
きっとトイレに行こうとして寝ボケているのだろうと誰もが思った。
「おーい、トイレはこっちぜえ」って声をかけると、照れくさそうにしていた。
そしてトイレから戻るとまた寝始めてしまった。
この方は飲み会でよく寝るということで有名。
朝から避難訓練
9時から香南市防災訓練(県下一斉ですけど)があり父養寺、仁尾島地区の避難場所は青少年年センターの西門です。

多くの方が参加してくれました。
(父養寺・仁尾島)総数は102名。

訓練への参加者の人数を確認するためにこんなものを用意した。

120902kaz.jpg

全員集まってから数えればいいか!と思っていたが、途中で帰る人も何人かおり、それにはアセった。

仁尾島の防災倉庫ので資機材の確認をし、参加者から意見もでたりしてこちらも今後の活動への参考にもなりました。

120902nio.jpg

父養寺の防災倉庫では新規に購入したホースをすぐに使えるように巻き直しています。
ノウハウがあるんですね。


120902buyo.jpg

120902buyo1.jpg

夏祭り
毎年7月19日は仁尾島地区では山の神の夏祭りです。

今年も町内会会長さんが趣向をこらした催しや食事でみなさんを楽しませてくれました。

私はこのところ仕事がきつく疲れがかなりたまっている。
しかし、晩酌が連日’第3のビール’であるのでたまにはおいしいビールを体が欲しがっている。
大急ぎで晩飯のカレーを作ってから’お祭り終了までの残り1時間’を楽しみに行った

催しや食事は神社の隣にある公民館です。近づくとにぎやかに声が聞こえる。
すごい!大勢集まっているではないか

今年は参道にほとんど提灯をつっていないので、夏祭りの雰囲気はでていませんけど。

120719maturi1.jpg

こういうのがあると夏祭りって感じがするなあ。
’〇〇すくい’
なんて名前か知らないんです。

120719maturi2.jpg

子供もたくさん来てくれて、みんな仲良く遊んでいる。

120719maturi3.jpg

120719mturi4.jpg

そして、1時間のつもりで一生懸命ビールを飲み始めました。

子供が中学生の時に部活のバスケ部でお世話になった先生、昨年も一緒に飲んだ方たち、今回初めてお会いした方などと飲みながら話しているとアッという間に夜の9時を回っている。

片付け始めているのに、飲み続けてしまった。すいませんでした

さらに翌日仕事なのについついお宅におじゃましてさらに飲んでしまった。
ここでもご迷惑かけました。困ったことに記憶もあまり残っていないんです。
ごめんなさい。

これほど翌日にアルコールが残っているのはめずらしい。
仕事中には倒れそうでした
たしかにビールしか飲んでいない(食べ物はほとんど残っていなかったので)。
川干
小さい頃は楽しみだった川干も今では「ふーん」ってかんじです。
やはりコンクリートで作った水路ですからねえ。

サカナも今ではめっきり少なくなったようです。
昨年も田役で水門の掃除をしていても「ほとんどおらん」と言ってました。

120303kawahi.jpg

子供達が「おったあ」って楽しそうにしています。
「子供達に川を返してくれ~」って
120303kawahi1.jpg

だんだんと暖かくなってきました。
犬も衣替えを始めました。
120303inu.jpg

引継ぎ完了
昨日の夜は町内会の’帳渡し’という役員の引継ぎをしてから慰労会をしました。

ウチの地区では町内会の役員手当てはすべてこの飲食代となります。

これでやっと終わりました。

うれしい



近所の’ゆう’で呑んだ後、「時間も早いからもう一軒」ってことで’きまま亭’に行って呑んで話して帰りました。



昨日はいい天気だったのでリュウも気持ちよさそうにごろごろしていた。

120114ryu.jpg
120114ryu1.jpg





リンク

このブログをリンクに追加する

潮汐表

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

mizo

Author:mizo

検索フォーム

QRコード

QR