mizoのWeb日記
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

エアーブラシにて
ウチのエアーブラシはコンプレッサーのパワー不足のため塗料の粘度に制約があるけど、生産量が少ないのでガマンしている。

でもコンプレッサーも今ヤフオクで安く買えれば高圧タイプが欲しい。

260818jig1.jpg

260818jig2.jpg

昨年買ったピンクの塗料も問題なく使えました。
海の濁りが取れれば頑張って実績を出したい。
準備は完了かな (^^?

260818jig3.jpg

そういえば先日子供の社服を洗濯したときにボールペンがあって(つけたまま洗濯をした)脱水の時にインクが服に飛び散ってしまった。
エアーブラシってそんな時にエタノールを入れて上手にスプレーするとインクだけを除去すること(でもインクの染み込み具合によって除去レベルは違う)きる場合もある。
ウチの場合はベットリと染み込んでいたのでキレイには落とせなかったけど
ただ効果的であることは間違いないと思う。

260818bra.jpg

カボチャが山茶花の枝の上にのって実っていた。

260818kab.jpg

スポンサーサイト
ホロフィルム貼り付けは上達している
先日の深夜の帰り道、自転車をこいでいると歩道との間の縁石に当たったらしく身体は自転車から前に飛び出した。
しかし落ちたところは歩道であり、少林寺拳法の前受身みたいなことをいつのまにかやったようだ。
正確には’酔拳’の前受身だったんかも ナンチャッテ
頭や身体は怪我することなく(’たぶん大丈夫’。ちょっと(?)飲んでいた記憶によると)、手首にアザがあった。

260812te.jpg

とにかく無事で何よりであった。
家に帰ると(1時半ころ)嫁さんに怒られた。
「飲みに行く」って言うだけで機嫌が悪くなるらしい

燃料屋には’お盆休みはない’はずであったが、お客さんほとんどがお盆休みである。
私の場合は軽油の配達なのでこれでは仕事にならないので8/15~17まで3連休を取ることにした。
そのときに’メタルジグの色を塗る’ためにホロフィルムの貼り付けと(その後の)ウレタンコート2回を急いでやらねば。

260810jig1.jpg

今回はかなり上手に(ホロフィルムを)貼ることができた。
このモデルをメインにするので全工程の中で一番のネックであったホロ貼りを克服できたことがうれしい。

260810jig2.jpg

260810jig3.jpg


雨の降らない夜は
今日は久しぶりに天気がよかった。
夜も雨が降りそうにない。

昼間から’夜’のことを考えていた (--? 「ドッチダ? ① or ②」

① 居酒屋に行ってビールを飲みたい グビグビッ

② メタルジグ製作のため’ウレタンコーティング’をやりたい  maoちゃん

そうだ。「彼」にメールをしてみよう。   Shall we dri nk ?

ザンネンですけど時間も遅いということで①はボツ  また今度


先日作ったブランク(型に鉛を流し込んで作ったもの)を水を使わずにペーパーで研磨。

そしてアセトンで脱脂。

260806jig1.jpg

ブランクの重さが軽すぎてこれ以上研磨ができないのです。
(もっと平らに研磨したいのだけど、軽すぎて規格外になっちゃう)
という工程である。

1年前から使っているこの容器の中のコーティング液は劣化し始めていた。
途中で中身を捨てて、新液に入れ替えた。

260806jig2.jpg

乾燥は3日くらいは置いてみよう。

260806jig3.jpg

今日は涼しくってよかった。
久しぶりの
mizoyaのメタルジグもしばらく製作していなかった。
やっとやっと昨日の夜にブランク(新しい型に鉛を流し込む)を作る気になった。
作業を始めたころにメールがはいった。
「今から飲みにいこうと思う。でんでん」
’時刻は21時になろうかというドシャ降りの夜’なのだ ’なんかイイことでもあったのかな?’

260801jig1.jpg

260801jig2.jpg

話はかわって
リュウ(ウチの犬)は夜も繋がないので子供部屋の前にいる時が多い。(ハウスにはほとんどいない)
今日仕事から帰るとあの大雨の中やはりここで寝ている。
こんなにも濡れながら

260802inu.jpg

そういえば、’シロメダカがすべていなくなった。ざんねんだあ’と思っていた。
ところがなんと子供がたくさん生まれていた。
ほんとにいっぱいいるのです。
今までエサをやることはほとんど無かったが今は二日に一回はやっている。
飼い主も少しは成長しているようだ

260802medaka.jpg

近況報告ナンチャッテ
今の仕事は休日となるのが日曜と祭日です。

しかし工事現場は祭日も働いているので「燃料屋」も休んではいられない。

毎日8時半から18時まで忙しく動き回っている。昼休みなんかしばらく取っていないかなあ。

だから移動中(運転中)は休憩しているような気分なんですねー

ところでこの仕事にもタイヘンな「リスク」があることに気が付いた

一つは「ガソリン車に軽油を給油してしまう」こと。

今年になってやってしまったのです

先日もあわや2回目をやりかけてしまった  コワイ

二つ目は「給油のホースを壊してしまった」こと。

自分の乗っているローリーの2tタンクに燃料(軽油)を入れた後にノズルを戻さずに走ってしまったので軽量機についているはずのホースはなぜか(?)ローリーに アーレー

先日もあわやのところで気が付いて’2回目’は免れることができた。  ヨカッタ

でも授業料(はやいはなし弁償費用)15000円くらい払ったなあ 

ホンマに安い給料なのでただごとではないぞ 

新製品は17グラム?
18グラムを予定していた新規製作のmaoちゃん

今回は目の周囲の気泡対策として最終のウレタンコーティングを行なう前にクリヤー(ラッカー)を塗布して段差を埋めることにした。

これも写真のように「効果なし」でした。

いつもお世話になっているマルモさんで相談したところ、クリヤー塗るならハケ塗りのほうがいい。
低粘土の瞬間接着剤を利用する方法もあるとのことで、こちらを次回に行なう。

この失敗作の1ロット目はBさんに買ってもらおうと思ったが彼曰く
「18グラムはオレの完成されたジャガジャガにはむかない」だと

でもソレって正しい方向で完成されているのだろうか (--? ヤバッ 怒られる


重心は「(センターから)わずかにフトント寄り」モデル

131030jig1.jpg

重心は「(センターから)わずかにリア寄り」モデル

131030jig2.jpg

1ロット目は仕上がりの重さが17グラムであった。

2ロット目は鉛を流し込む時に調整するはずが・・・・・・・・急ぐあまりに、おなじく17グラムを作ってしまった。

131030jig3.jpg

17グラムでも全く問題なし。

私は使い易いと思う 
エバ攻略モデル?
昨年はエバ釣りに向けて作ったメタルジグはこんな形をしていた。

131023jig.jpg

でも、これってメタルジグ製作を始めて一作目(実際には初トライは別にあったけど)である。

あっ、実はこれは一作目の改良版でしたね

そうしてその後、2作目(40g)、3作目(28g)、4作目(35g ホロフィルムをうまく貼ることが出来ないので廃版)、5作目(35g リベンジのはずが泳ぎのテストで期待はずれのため廃版)と作っていった。
(型取り用)シリコンを無駄にしてしまった。でも勉強になったからいいかあ

そのほかにも改良型も何個か作ったりもした。

そして満を持して製作しているのがこの18gモデルなんです。

形状やバランスにもテーマはあります。

だけど重要なテーマとして「ホロフィルムの貼り付けに苦労しないこと」というのもあるのです。

これは無地にクリアしているようです

「もう、楽につくろうよ。」


(写真はスイムテスト用のカラーリング) 

131023jig1.jpg

131023jig2.jpg

重心はほぼセンターなのですが

一つはわずかですがフロント寄りのもの。そしてもう一つはわずかですがリア寄りのもの。
フロント寄りのものが最近は気にいっているのです

ロスト名人のBさん、バラシ名人のHさん。

注文(¥)入れておきますからね  
川でジグのテスト
家の近くを流れる川でメタルジグ(ジグ)のテストをやりに行った。

先週の台風の雨でまだ濁っている。
物部川がキレイにならないとこの川の水もキレイにならない。

とりあえずテストは水面下10cmくらいで泳がせてジグの回転を調べていた。
ジグは前からだけの流れでは回転しないけど、横からの流れを受けると回転してしまう。
ネットでは’ただ引きでも回転する’なんてものもあるけど、私はそういうのはイヤなんです
だからスイベルなんて使ったことが無かった。(一般的に「使う」らしい)

ホント知らなかったことがたくさんある。

130923jig.jpg

結果はウチのジグも購入品(メーカーのもの)もたいして変わらないですね。

130923jig1.jpg

私はジグは水の流れにのるように(言い方が難しいけど)作ろうとしていた。

しかし不要な流れ(流れを横断するように引く時など)に影響されないものにもこだわろうと感じた。

で、よく考えたらmaoの23g版にフラット(雑なネーミング)ってあったが、これは廃版を検討していた。

場所によってはこんなタイプも使えるかも

mao23_rearbalance.jpg

そういえば、先日に加領郷でベッサンはこれでメジカを釣りました。

二つの驚きでした。

アナタが釣ったのですか 

ジグはオマエだったのか
もうすぐエバのシーズン
私ももうすぐ働き口を探さねばとも思っている。

だから早いとこメタルジグの形状テストなどもやらねば

130917test1.jpg

130917test2.jpg

130917test3.jpg

ということでこんなものを作ってある。



で、突然ですがエバのシーズン入るけど宣伝をうちます。

  お仲間の方に  「安くしとくよー マジで」

メタルジグはウェーブⅡ(23グラム。写真の中央) 200円 (今シーズン限り)

mao23_wave2.jpg

ただし高速ジャガジャガ巻きをやりたければ写真の右端がいいかも (--? すこしなら在庫あり

130917wave1.jpg


アシストフックはできれば写真の右のタイプでね。 100円 (儲けはナシかも)

左側のタイプは時間がかかるのでイヤだ。注文をお断りするかも(製作時間には雲泥の差があります)

130917hook.jpg

以上はともにノークレームが条件です 

130917inu.jpg


失敗して勉強ですね
今年の夏はとても暑くて壁も屋根もコンクリート作りの工房はサウナのようだった
たまに遊びに来るベッサンにも’ここの暑さ’を味あわせてあげた 

バイトも忙しく、家事もこなしながらメタルジグ製作もバリバリやった。
でもことごとく失敗を重ねてしまったのです。

トラブルを順番に並べると①’鉛を溶かして型に流し込む’工程では表面が「いびつ」なものしかできなくなった。
②ホロフィルムが浮いてしまったり、③上手く貼れなかったり、といろいろあった。

疲れて工房で寝てしまったこともあったなあ。

でも苦労も実って①~③はほぼ解決したのです

そしたら、今日のこと。
昨日、目を作ろうとした。
以前は写真の左側に写っているように釘の上で樹脂を載せた。今回はホロフィルムを薄くしたこと、仕上がりを良くするため、作業性を上げるために右側のようにカッティングマットの上で作った。(余談ですけど)

130904eye1.jpg

今日見ると、「なに? この白さは」

130904eye2.jpg

拡大すると、このように樹脂が白くなっている。
作業を進めていった順番に白さが濃くなっている。
マジでえ 全ボツじゃーん 

130904eye3.jpg

ホントはこのように仕上がる予定でした。

130904eye4.jpg

この原因は「湿度が高かった」ことでした。
昨日は大雨の日でしたので。

未解決というものが無いから、きっと成長しているのでしょう 


リンク

このブログをリンクに追加する

潮汐表

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

mizo

Author:mizo

検索フォーム

QRコード

QR