FC2ブログ
mizoのWeb日記
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高江(沖縄県)の真実とは
9年間ヘリパッドの建設を阻止するために座り込みを続けている。
そして7月の参院選の日から、大規模に機動隊や警察などを投入して、憲法にも条例にもどうどうと違反しながら強引に(住民が怪我しようが平気ともいえるような)邪魔するものを排除し、手続きもしないで搬入路を作り資材を運び込んでいる。

でもね、なんでこんな民意を無視して、自然の宝庫である場所を破壊しながら、警備にあたらせる人件費もバカにならない。
そして工事の費用も日本が出すという不条理はなんのだろう。

「米軍の北部訓練場の返還のための条件」っていう条件はどうして出てきたの?

最初は無条件をちらつかせ(1996年)、翌年に’条件’がついている。
けっきょくは司令部のある村の付近にすべてを集約するという米軍の’都合’を日本政府が丸呑みしているようである。
高江のヘリパッドははじめからオスプレイの運用を考えたものである。でも日本政府は文書を捏造して国民には知らせていない。
集落近くのキレイな川もジャングル訓練に利用されることになる。

同じように内陸にある普天間基地も返還ではなく辺野古への移設して強襲揚陸艦の岸壁を持つなど基地の最新化という思惑が見えてくる。
だから大規模返還予定地なんてほとんどが’移設’といえるものが多い。

高江で今起きていることは緊急事態条項そのもの。
なのに、本土の人たちは沖縄の現状に関心がない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



リンク

このブログをリンクに追加する

潮汐表

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

mizo

Author:mizo

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。